stgk inc.

works
scale
XS
S
M
L
XL
all
date
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
-2009
all

PLAY GROUND IN NEPAL

「天竺の旅人」彼(故飯田伸一さん)は自らをそう呼んでいたそうです。サリドマイドの薬害で生まれながらにしてハンディキャップを背負うことを強いられた伸一さんは、僕たちには想像もできないほどの困難な人生を歩んでいました。そんな彼が心から愛した地ネパール。2002年8月病気により、若くしてこの世を去った伸一さんの父である飯田進氏と出会ったことからこのプロジェクトは始まりました。2002年年末。僕らは飯田進氏とお会いしました。彼は、伸一さんの葬儀で集まった香典を彼が愛したネパールの子供たちの為に役に立てたいと願っていました。飯田進氏とは、以前より親交があったこともあり、そのお手伝いをすることになった僕らは、登山家で、ヒマラヤ観光という旅行会社を経営し、さらにはカトマンズでホテルを経営している宮原魏氏に相談し、カトマンズ周辺の農村部で遊具をつくれそうな学校がないか調べてもらうことにしました。宮原氏からあげられたいくつかの候補地の中から、選んだのはネパールから車で山道を走ること2時間ほどの距離にあるチャイマリという集落の全校生徒400人くらいの学校でした。周辺に学校がここにしかない為、この学校では4才から15才くらいの幅広い子供たちが学んでおり、その多くは片道1時間以上歩いて学校に通っています。家に帰れば、家族の一員として様々な仕事をこなす彼らにとって、学校は生活の中で唯一子供として、友達と遊び、学ぶ場所です。子供たちが子供である時間をもっと楽しくなる手伝いが出来れば良いなと思ったこと。そして、調査の為に訪れたとき、学校がある谷の風景がとても美しかったことが決め手となりました。パキスタン同様、現地で簡単に手に入る材料を使う事。現地の人と共同作業で行う事。(そのために農閑期を製作時期とする事。)子供たちと一緒に作る事などいくつかの方針を決め、一週間小学校の外れにテントを張ってキャンプしながら製作を行いました。徐々に出来上がる遊具と、それを心待ちにする子供たち。現地で作業を手伝ってくれる大人たちの何人かは、息子や娘がこの学校に通っていたりします。僕たち、ものづくりの人間にとってもパキスタン、ネパールでのプロジェクトは、ものを作るという行為の原点がある様に思えていました。

竣工年:2003年
所在地:チャイマリ小学校 ネパールカトマンズ
業務内容:プレイグラウンド制作
事業者:飯田進

協働:団塚栄喜 今居みろり
協力:宮原巍 ヒマラヤ観光株式会社

+ linked project