STGK Inc.

「運ぶを支える」ミュージアムランドスケープ

いすゞプラザ

国内自動車メーカーとして最も古い歴史を持ち、日本の経済成長を物流から支えた「いすゞ自動車」の企業ミュージアム「いすゞプラザ」と宿泊施設「プラザアネックス」のランドスケープを設計しました。白いマッシブなボリュームとそれらを支えるV字柱が印象的な建築は、いすゞ自動車の企業理念からパラフレーズした「運ぶ」「つながる」というキーワードから構成されました。ランドスケープもまたそれらの「運ぶ」「つながる」の要素と全体のデザインを踏襲し、中央のプラザガーデンにはトラックの荷台を極限までシンプルにし「運ぶ形」を体現したようなプレート形状の白いオブジェクトが点在しています。それらのプレートは、現物のトラックをのせるステージ、桜を眺めるテーブル、憩いのベンチ、緑と生き物が息づく池など、人々の活動や発見も含めた様々な形でのいすゞ体験をのせ、運び、見せるためのツールとなっています。社名の由来である「五十鈴川」をモチーフとした水景や、隣接するマザー工場の桜並木と連続していたとされる樹冠20m以上の巨大なソメイヨシノの老木とともに、いすゞの体験と精神がつまったミュージアムランドスケープです。

  • 竣工

    2017年

  • 所在地

    神奈川県藤沢市

  • 事業主

    いすゞ自動車

  • 敷地面積

    6,609㎡

  • 建築設計

    坂倉建築研究所

  • 展示設計

    丹青社

  • 植栽設計

    TREEFORTE

  • ビオトープ監修

    景域計画

  • 撮影

    STGK (1~3, 6~20), 川澄・小林研二写真事務所 (4,5)

  • 業務内容

    ランドスケープデザイン・ファニチャデザイン

  • 担当デザイナー

    熊谷玄, 伊藤祐基

Share